渋谷駅徒歩5分、年中無休の総合歯科医院

月火木金日 9:00-20:00/水土 9:00-21:00 03-6362-6688

ご予約・お問合せ

診療案内

義歯・入れ歯 DENTURE

義歯・入れ歯

入れ歯は、ブリッジ治療では対応できない”3本以上歯を失ってしまった箇所”でも治療が可能です。複数の欠損を補う場合はインプラントよりも安価になります。 また、入れ歯は、保険が適用されるものや、自由診療のものまでバリエーションは多く、症状に合わせて製作が可能になります。

Dr.コメント

入れ歯と他の治療の比較

歯が無くなった場合、入れ歯の治療以外に「インプラント」や、「ブリッジ(失った歯の両隣の歯を削り、歯が3本が繋がった形状の被せものをつける治療)」を入れる方法があります。 部分入れ歯(保険の場合)とブリッジは、周りの歯を支えにします。そのため、周りの歯がぐらぐらしている、欠けているといった場合、適応できないことがあります。それぞれの治療法には、メリット・デメリットがあるため、医師と相談して決めましょう。

歯を失った時の3つの治療方法 インプラント ブリッジ治療

義歯・入れ歯の特徴

入れ歯は、数本の人工の歯を人工樹脂で連結して製作します。健康な周りの歯または歯ぐきに、入れ歯を固定して食べ物を噛む機能を回復します。主に3本以上の歯を失ってしまった場合に適した治療方法です。全ての歯がない場合は「総入れ歯」、部分的にない場合は「部分入れ歯」を入れます。入れ歯は、ブリッジやインプラントと異なり取り外し式です。

利点

  • ブリッジでは対応できない、3本以上歯を失ってしまった箇所でも治療が可能
  • 入れ歯のバリエーションは多く、症状に合わせて製作が可能
  • 保険が適応される入れ歯もあるため、比較的安価での治療が可能

部分入れ歯の留意点

  • 入れ歯を固定する留め金に汚れが溜まりやすい
  • 入れ歯を固定する留め金で両隣の歯の寿命が縮まる
  • 入れ歯を固定している歯に違和感を感じる場合がある
  • 固定している留め金が金属性のため、見た目を損ねる場合がある

総入れ歯の留意点

  • 入れ歯を口腔内の粘膜で固定するため、慣れるまでに違和感を感じる
  • まれに入れ歯が外れ、食事や会話に支障がでる場合がある
  • 食べ物の熱が伝わりにくく、食べ物の本来の味を感じづらい
  • 歯ぐきで固定するため、固い物が食べづらい

入れ歯全般の留意点

  • 定期的に外してお手入れが必要
  • 歯を失った部分の顎の骨が後退し入れ歯が不安定になる
  • 噛む力が弱いため顔の筋肉が衰え老化を進める場合がある

自由診療の義歯製品

保険の入れ歯とは異なり、様々な材料や製作方法で作られます。歯科技工士の製作にかける時間や手間も保険の義歯よりもはるかに多く、精度の高い製品を作ることができます。

自由診療の義歯製品

HOME アクセス 診療時間 WEB予約 電話する