渋谷駅徒歩5分、年中無休の総合歯科医院

月火木金日 9:00-20:00/水土 9:00-21:00 03-6362-6688

ご予約・お問合せ

医院案内

様々な麻酔の設備 ANESTHESIA

様々な麻酔の種類

麻酔の種類はいくつかあり、状況に応じて使い分けをします。 当院で使用しているものは以下のものがあります。

局所麻酔

歯科医院の治療で一般的に使用される麻酔です。むし歯の治療などで歯の神経を麻痺させて痛みのない治療を目指します。

局所麻酔.1表面麻酔

局所麻酔の一つです。歯ぐきの表面に塗ると塗った部分が若干麻痺した感覚になります。その後、浸潤麻酔の針をさすときに「チクッ」という痛みを軽減することができます。昔は直接、浸潤麻酔を行うことが当たり前でしたが、今では多くの歯科医院が表面麻酔を使用しています。

局所麻酔.2浸潤(しんじゅん)麻酔

歯科医院で一番多く行われる麻酔法です。むし歯や歯周病の治療などで、痛みがあり麻痺させたい箇所に近い歯茎に注射をして麻酔薬を注入します。

局所麻酔.2伝達麻酔

親知らずの抜歯やインプラントの手術などで使用します。伝達麻酔では歯の近くの小さく枝分かれした神経ではなく、口の奥を通る太い神経に対して麻酔を行ないます。この部分に麻酔の処置を行うことで麻酔の効果が広範囲に長く続きます。

精神鎮静法

全身麻酔とは異なり意識をなくしたり、痛みを除去する麻酔法ではありません。歯科治療への恐怖心や不安などを和らげてリラックスした状態で歯科治療を受けられるようにする方法です。歯科医院で無痛治療をうたっている多くは、この精神鎮静法を導入しています。精神鎮静法の麻酔では、吸入鎮静法と静脈内鎮静法があります。

精神鎮静法.1吸入鎮静法

吸入鎮静法は、 笑気ガスを吸入することで頭をボーっとリラックスした状態にすることができ、その間に治療を終わらせます。鎮静を目的とする麻酔法の中では一番簡易的な部類に入り、歯科の手術に限らず、歯科恐怖症の方のために、一般的な治療の際にも使用することがあります。

精神鎮静法.2静脈内鎮静法

腕の静脈に麻酔薬を点滴することで、吸入鎮静法と比べると鎮静度は深くなり、眠ったような状態になりますが会話はできます。場合によっては眠らせることもできます。手術室を使った、インプラントなどの外科手術の際に、血圧、心拍数などをモニターしながら麻酔科医が担当して行うものです。当医院では、特定の外科手術の際に麻酔科医を呼び治療を行ないます。

関連項目

関連ページ

HOME アクセス 診療時間 WEB予約 電話する