渋谷駅徒歩5分、年中無休の総合歯科医院

月火木金日 9:00-20:00/水土 9:00-21:00 03-6362-6688

ご予約・お問合せ

診療案内

フッ素塗布 FLUORINE COATING

フッ素塗布について

高濃度のフッ素を歯に塗布するむし歯予防手段です。フッ素には歯の再石灰化の促進をしたり、歯が強くなる作用が期待できます。全ての年代において効果がありますが、特に子どもの歯の場合は乳歯の生え始めから2年程度は柔らかいので、むし歯になりやすく、定期的にフッ素塗布を行うことで、歯質を強くしむし歯になりにくい丈夫な歯にすることができます。

フッ素塗布をご希望の際はスタッフまでお問い合わせください。

フッ素の3つの効果

フッ素の効果1むし歯の原因となる酸の生産を抑制

日々の歯磨きで落としきれなかった歯垢(プラーク)が作るむし歯の原因となる菌の働きを弱めます。これにより、歯垢から作られる酸の量を抑制することができ、むし歯のリスクを下げることができます。

フッ素の効果2再石灰化の促進し歯を修復

歯から溶けだしたカルシウムやリンの再石灰化を促進させます。酸により歯の表面が溶け出した際に、再石灰化により歯が修復されます。これはもともと唾液の持っている自浄作用ですが、フッ素によりその効果を促進することができます。

フッ素の効果3歯質を強化してむし歯に強くする

前述した歯の再石灰化の際に、フッ素が歯の表面のエナメル質の成分と結びつきます。この再石灰化の後には、歯の構造は固く強くなりむし歯になりにくい強い歯になります。

こどもに
フッ素塗布が効果的な理由

フッ素塗布をこどもへ使用する場合は様々な効果があり、当院でも推奨しています。こどもの歯にフッ素が効果的な理由は、生えたばかりの未熟な歯が成熟した歯になるには2年ほどかかるためです。つまり歯が生えてからの2年程度は歯が柔らかく、酸に対する抵抗力が低いためむし歯になりやすいということです。フッ素を塗布することで歯を強くすることができます。

何歳からフッ素塗布を始めるべきか?

フッ素塗布は生えたばかりの未成熟な歯に対して有効なので、理論的には早ければ早いほど効果があります。ただ、顔をだした乳歯にフッ素塗布をしないとすぐにむし歯になる!ということではありませんので、通常はある程度歯が生え揃ってくる1歳~2歳ごろから開始するのがいいでしょう。

Dr.コメント

フッ素塗布をすればむし歯にならないの?

当然フッ素塗布を行っても絶対にむし歯にならないということはありません。大切なことは日々のセルフケアです。加えて歯科医院での定期的な検診もおすすめします。

フッ素塗布を
大人に使用するメリット

フッ素塗布は大人にも効果を発揮します。大人の歯はこどもと違って成熟されて固くなっており効果が薄いと言われます。ただ、大人の歯は加齢や歯周病によって歯茎が下がり、歯根が露出してきます。この部分は硬いエナメル質が存在しておらず表面が柔らかいのです。この部分はむし歯のリスクも高くなりますが、同時にフッ素塗布の効果が得られる部分でもあります。

フッ素塗布は
習慣化することが大事

むし歯のリスクを下げるために、こどもの場合も大人の場合もフッ素塗布は非常に効果的です。定期的に高濃度のフッ素塗布を習慣化(当院では3~4ヵ月毎)することを推奨しています。

Dr.コメント

フッ素入り歯磨き粉と歯科医院のフッ素塗布の違い

濃度が違います。市販の歯磨き粉に含まれるフッ素の配合量は厚生労働省の規定で上限が定められております。歯科医院では市販の歯磨き粉などと比較すると数倍の濃度のフッ素を塗布することができます。もちろんフッ素入りの歯磨き粉は効果的ですので、歯科医院でのフッ素塗布と、ご自宅での歯磨きを並行して行うのが良いでしょう。

フッ素塗布の費用について

費用
3,300円(自由診療の場合)

※価格は全て税込です。

HOME アクセス 診療時間 WEB予約 電話する