渋谷駅徒歩5分、年中無休の総合歯科医院

月火木金日 9:00-20:00/水土 9:00-21:00 03-6362-6688

ご予約・お問合せ

診療案内

こどもの矯正治療 CHILD

こどもの矯正治療

こどもの矯正治療は、永久歯が生え揃うまでの期間の「正しい歯並びへと誘導する予防矯正」が主になります。永久歯が生え揃った後に(12歳頃から)行う矯正治療は、大人が行う矯正治療と同じものになり、歯の抜歯やブラケット装置を使用した治療になります。

「予防矯正」は4歳頃からスタートすることが可能で、口腔機能や顎の発達を促し、自然な歯並びを目指していきます。予防矯正が効果的であればブラケット装置を使用する本格的な矯正治療は必要なくなります。(開始時期やお口の状況によって適した治療を提案させていただきます)

4~7歳から始める
「こどもの予防矯正」

弱い力であごの成長を促しながら正しい歯の生えかわりを助けて歯並びが悪くなってしまうことを予防する治療です。取り外しのできる装置を自宅のみで使用するため学校生活に全く影響がありません。

こどもの予防矯正の費用

6歳~9歳から始める
「こどもの矯正治療」

あごが小さすぎたり、歯が大きすぎて歯とあごのバランスが崩れている場合や、出っ歯・受け口などの骨格的に重度な不調和がある場合などは、予防矯正装置(マイオブレース・システム)のみで治療することは困難です。ですが、子どもの矯正装置を使えば、あごを育てながら広げ、歯を並べるスペースをつくることが可能です。子どもは骨がやわらかく、成長する力があるため、矯正治療であごの成長をコントロールすることが可能です。

こどもの矯正の費用

「こどもの矯正治療」で
使用する矯正装置

小学校低学年のころは、歯みがきの負担が少なく、表からは見えにくい装置で治療していきます。小学校高学年になると、おとなの歯の根が完成し、歯みがきが上手になってきたところで、歯の表側におとなの矯正治療でも使用する装置をつけて、仕上げの治療を行います。

こんな場合は
子どもの矯正治療をご検討ください

  • 歯がガタガタしてきた
  • お肉を噛み切れない
  • 食事に時間がかかる
  • 歯が内側から生えてきた
  • 前歯が出ている
  • 受け口になっている
  • 生えてこない歯がある

子どもの矯正治療の
最適な治療開始時期

あごを積極的に育てて、自然で無理なくきれいな歯並び・かみ合わせをつくるためには、おとなの歯が生えてきて、歯並びが気になり始める6歳から9歳に矯正治療を始めるのがおすすめです。※8歳以上のお子さまは、子どもの予防矯正装置(マイオブレース・システム)のみでは治療出来ません

この分野を専門とする歯科医師

矯正歯科医 中井 丈生 (なかい たけし)

北海道大学 歯学部 卒業
歯学博士
日本矯正歯科学会 会員
日本舌側矯正歯科学会 会員
Harmony Lingnal 認定Dr
Invisalign 認定Dr
Digital orthodontics study club 会員

詳細はこちら

歯科矯正の費用

歯科矯正の費用は下記のページよりご確認ください。

歯科矯正の費用

HOME アクセス 診療時間 WEB予約 電話する