田上 順次たがみ じゅんじ

歯の保存の専門家

医療法人徳真会 先端歯科センター長

 1995年より2021年まで、歯の保存治療を専門とする東京医科歯科大学歯学部保存学講座(現:う蝕制御学分野)教授を務める。この間、歯学部長、大学理事、副学長を歴任。う蝕(むし歯)をはじめ、さまざまな歯のトラブルに対して、なるべく歯を削らずに健康な歯質を保存し、接着材を活用した新しい歯の治療方法の研究と臨床の世界的権威。日本歯科保存学会、日本接着歯学会、日本歯科審美学会の理事長を歴任、米国の学会のアドバイザーなども務める。国際学会や国内外の大学における招待講演、講義も多く行い、現在も診療とともに、海外への講義配信も多く行っている。

 歯を一生保存することを第一に考えて、かつ審美的な結果が得られる新たな治療法を40年間にわたり開発、実践している。麻酔の注射なしでも痛くないむし歯治療を国際的に普及させ、歯のないところにも、インプラントや入れ歯に代わる治療法として、両側の歯を削らないダイレクトブリッジを提唱し、普及に努めている。