根管治療

他院で治療中に不安を感じた方へ

他院で抜くしかないと言われた歯、どうにか残したいと思いませんか?
根管にひびが入っている、根管に穴が空いているなど、他院では治療が難しいものでも当院では治療をすることができます。
当院は、根管治療の専門医や、最新設備など安心して治療を受けられる環境を整えています。

正確な診断をすることから全ては始まります

根管は非常に複雑な形をしていて、歯科医が目視で治療することができない難易度の高い治療です。また、少しでも取り残しがあると再発してしまいます。そのため、歯科医には高度な技術と経験がもとより、正確な診断が不可欠です。そのために、当院では以下の設備を導入しています。

CT

根っこの形や周辺組織をより詳しく診るために、CTを導入しています。CT撮影によって他医院で見逃されていた根管の存在に気付いたり、根の先の病変の状態を正確に把握することが可能です。

マイクロスコープ(自由診療)

より精密な治療をするために、細部まで拡大して見ることができるマイクロスコープを導入しています。
※マイクロスコープを使用できる専門医のスケジュールをお電話でご確認のうえ、予約ください。

治療の流れ

当院は、精密な治療ができるようにマイクロスコープを用いて治療をします。
また、根管内に細菌が入らないように、ラバーダム防湿という方法で無菌状態を作ります。

カウンセリング

患者さまのお話をじっくりとお聞きします。

精密検査

レントゲン写真、CTを撮って口の中の状況をきちんと把握します。

治療計画

カウンセリングと検査をもとに、患者さま一人ひとりに合った治療計画を立てます。

根管治療

病気になっている根管を治療します。

1. 根管長の測定

根管の長さを正確に測ります。

2. 根管の洗浄

死んだ神経などを取り除き、根管をきれいにします。

3. 根管の消毒

薬剤を使い、根管内の細菌を取り除きます。

4. 薬の充填

根管の先までしっかり薬を充填します。

5.土台の設置

歯根に、被せ物の土台を入れます。

6.被せ物の設置

被せ物を被せます。

7.メンテナンス

メンテナンス期間に移行し、3ヶ月〜6ヶ月ごとに定期検診を行います。

治療中・治療後のズキズキした痛みについて

歯髄を取った場合でも、治療中や治療後に痛みや炎症があるケースもございます。多くの場合、抗生剤や鎮痛剤の服用で対応することが出来ますが、痛みが強かったり、長期間続く場合などはご来院いただくか、お電話でお気軽にご相談ください。

根管治療中の痛み

神経を取り除く治療を行うため、麻酔処置が不可欠です。痛みを減らしてから、再感染が起こらないように、根の中の汚れをしっかりと取り除いていきます。

根管治療後の痛み

根の治療で歯の内部の神経は取り除いても、歯のまわりにある神経が過敏になり一時的に痛みが出ることがあります。もともと痛みが続いていた歯の場合は、 しばらく痛みが続く場合もあります。主治医の先生に経過を診てもらって下さい。

根管治療後に長期的に痛みが続く場合

ズキズキとした痛みが続き、噛むと痛みが出たり、眠れないようになる場合です。このような場合、細菌が根に入ることによって再び炎症が起こっている場合があります。再度根の中をきれいに処置をするか、そのまま経過をみるのかを決める必要があります。

無菌状態でも痛みが続く場合

しっかりと処置が出来ていて、根の中が無菌状態になっていたとしても、痛みや違和感を感じることもあります。個人差はありますが、一週間程度で治まるといわれています。

当院で根管治療を受けるメリット安心・安全の根管治療

日本歯科保存学会
専門医が在籍

当院では日本歯科保存学会専門医のドクターが複数在籍しております。経験豊富なドクターですので、安心して根管治療を受けていただけます。

痛みに徹底的に配慮した
痛くない治療

徳真会クオーツタワーは「痛くない治療」を目指しています。徹底的に痛みを取り除くために、各種麻酔を取り揃えており、痛みに弱い患者さまやお子さまでも安心して治療を受けられます。

最新機器の導入

より正確で緻密な診断・治療を行うために、最新の歯科医療機器を導入しております。疾患が再発することがないように、しっかりと根管治療を行います。

専門医のご紹介


歯内療法(専門医・認定医)

山口 博康

・鶴見大学先制医療研究センター医療技能開発学寄附講座
・鶴見大学歯学部付属病院 総合歯科2科長 学内教授
・日本レーザー歯学会 指導医・専門医
・日本歯科保存学会 指導医・専門医

詳しく


料金表

抜髄・感染根管処置(根充含む)/1根管

55,000円(税込)

貼薬

3,300円(税込)

投薬

1,650円(税込)