世界トップクラスの技工士集団

歯科技工士とは

あなたの歯はどこで作られているかご存知ですか?

歯科医院の多くは、診療で必要になった患者さまの補綴物や入れ歯などを「歯科技工所」と呼ばれる歯科技工士の製作会社に外注しています。歯科医師が患者さまのお口の情報として型を採取して模型を作り、歯科技工所に情報を送ります。完成したら納期までに歯科医院に完成物が送られてきます。セラミックの白い歯はもちろん、保険の銀歯も歯科技工所で製作されています。

「ワールドラボ」について徳真会グループの歯科技工部門

日本の国家資格を持ち、世界的な評価を得ている優秀な技工士が所属する、徳真会グループの技工部門です。

徳真会グループは現在、徳真会クオーツタワーを含め、全国に30以上の歯科医院を展開しています。1982年に新潟で開業した松村歯科がその始まりですが、当初から歯科技工士との連携に大きな価値を見い出し、すでに院内に歯科技工士を抱える体制を採用していました。その後、グループの規模を拡大する中で、院内歯科技工所の枠を超えて、一つの会社「ワールドラボ」として独立をしました。

現在では、東京の目黒の大規模歯科技工センターの他に、新潟、仙台、大阪に歯科技工センターを展開しています。目黒や大阪の歯科技工センターは、セラミックなどの自費の補綴物を中心に製作し、義歯や保険の補綴物などは新潟、仙台で製作されています。

審美歯科の仕上がりは、歯科技工士の腕次第

一般的に審美歯科というと、白いセラミックの詰め物や被せ物を入れるだけ、と考えられがちですが、実はそのクオリティには大きな差が出てきます。歯科医師によるカウンセリング・咬み合わせの設計・形成の技術が十分なのは言うまでもなく、歯の微妙な色や形は歯科技工士のデザインセンスが不可欠です。見た目に自然で美しい、誰が見ても天然の歯にしか見えない様な精度の人工歯を提供できるのが、当院の強みです。

審美歯科へ

おもな歯科技工士のご紹介世界レベルで活躍する歯科技工士