伊藤 公一いとう こういち

歯周病科(指導医・専門医)

治療で心がけていること

歯周病で悩んでいる患者さまは数多くいらっしゃいます。進行した症状の場合はそれ以上悪化しないように適切な治療を施すことが基本となりますが、本質的に改善をしていくには普段の生活の中での歯周病の最大の原因となる細菌の塊(プラーク)を除去(コントロール)する方法を覚えていただくことが最も重要です。そこで、患者さまの情報を歯科衛生士と一緒に共有しながら、患者さま自身でプラークコントロールできる良好で清潔な口腔環境を作りあげることを治療のゴールとしています。

患者さまへのメッセージ

歯周病は初期の段階は自覚することが難しく、歯科医で診察してみたら、実は重度の歯周病だった、ということが多々あります。また、日本人の8割が歯周病にかかっていると言われる病気です。そんな身近な病気ですが、実は歯科の病気の中で歯を失う一番の原因が歯周病です。歯周病を治療しないで放っておくと歯周病菌によって骨が溶かされ、歯が揺れ、歯肉が腫れて最終的には歯を失ってしまいます。「あれ、もしかして?」と思われた方は放っておかずに、かかりつけの歯科医に診てもらってください。

プロフィールこれまで活動や資格などをご紹介します

所属・資格

医療法人徳真会グループ 先端歯科医療研究所 所長
日本大学特任教授
日本歯周病学会 指導医、専門医
日本口腔機能水学会 指導医、監事
日本顎咬合学会
American Academy of Periodontology
American College of Dentists

経歴

-日本大学大学院歯学研究科 修了
-米国インディアナ大学歯学部留学
-Dr. O’Learyに師事、
 Master of Science in Dentistry(MSD)の資格取得
-元日本大学助教授
-元日本大学教授(歯周病学担当)
-現日本大学特任教授
-元日本歯周病学会理事
-元日本歯周病学会理事長
-元日本歯科保存学会理事
-元日本歯科審美学会理事

著書

単著

-スケーリングとルート・プレーニング.デンタルフォーラム 1985年
-咬合性外傷の話.クインテッセンス出版 1988年
-アトラスフローチャート歯周治療.クインテッセンス出版 1996年
-How to 審美と歯周外科.日本歯科評論社 1997年

共著

-歯周病学.永末書店、1996年
-歯と口の健康百科.医歯薬出版 1998年
-ワンランクアップPMTC.クインテッセンス出版 2001年
-歯の健康学.岩波新書 2004年
-ビッグ・ドクター家庭医学大全科.法研 2004年
-臨床歯周病学.医歯薬出版 2007年
-歯が長持ちするプラークコントロールのグッドテクニック.クインテッセンス出版 2010年
-ペリオドンタルフラップマネージメント(監修):クインテッセンス出版 2011年
-術者と介補者のためのスーチャリングテクニック(監修):クインテッセンス出版 2012年
-実践例から学ぶ歯周外科手術の組み立て方(監修):クインテッセンス出版 2013年

関連記事伊藤 公一に関連する記事です

歯科 2017.05.01

【症例】歯周病治療-3

治療前 治療後 …

歯科 2017.05.01

【症例】歯周病治療-2

治療前 治療後 …

歯科 2017.05.01

【症例】歯周病治療-1

治療前 治療後 …