口腔外科

通常の歯科医院では困難な抜歯も可能

親知らずは、永久歯で一番最後奥に生えてくる歯です。18歳臼歯と言われ、この年齢になる頃に徐々に生え始めます。親知らずが他の歯と同様に、まっすぐ生えて咬み合っている場合は問題ありませんが、横に生えたり手前の歯にぶつかって斜めに生えたりする場合は抜く必要が出てくることがあります。

正確な診断に基づく安全な抜歯

CTの導入

親知らずの生え方によって、抜歯の難易度は大きく変わります。
以下の場合は、一般の歯科医院で抜歯をすることは難しくなります。

・横向きや斜めに生えている
・生えているいる場所が深く、神経に近い

難しい抜歯の場合は、親知らずがどこに生えているのか、根っこの形はどんな形なのか、周りの神経や血管との関係などを正確に把握しなくてはなりません。
当院では、CTを完備しているため、歯の位置や形状および周囲組織の状態を正確に把握することができます。他院で抜歯ができないと言われたり、大学病院への紹介を受け、平日の治療が難しい人は、一度ご相談ください。

当院で親知らずの抜歯をするメリットCTによる診断で難しい親知らずの抜歯も可能です

最新機器の導入

より正確で緻密な診療を行うために、最新機器を導入しています。口の中の状態をしっかり把握することで、安全性も上がります。

年中無休で急患にも対応

4、5階の青山クオーツデンタルクリニックは、急な痛みなどにすぐ対応するために年中無休で診療を行っております。

痛みに徹底的に配慮した
痛くない治療

徳真会クオーツタワーは「痛くない治療」を目指しています。徹底的に痛みを取り除くために、各種麻酔を取り揃えており、痛みに弱い患者さまやお子さまでも安心して治療を受けられます。

お子さま連れでも安心の
キッズルーム

おもちゃや絵本などが充実しており、お子さまと一緒に遊ぶことができます。治療を受けている間は、お子さまを預けることができるので、安心して治療を受けられます。

他には類をみない
高度な歯科の滅菌設備

徳真会クオーツタワーには高度な設備をそろえた滅菌室があります。そこでは滅菌専属のスタッフが常に機材を管理しており、患者さまがいつも清潔な状態で歯科医療を受けられる環境づくりをしております。

親知らずの抜歯のページへ

口腔外科の専門医が在籍


インプラント科・口腔外科(指導医・専門医)

永原 國央

・日本口腔インプラント学会 指導医・専門医
・日本顎顔面インプラント学会 指導医・専門医
・日本口腔外科学会 指導医・専門医
・朝日大学名誉教授

詳しく


口腔外科(指導医・専門医)

内山 公男

・慶應義塾大学医学部客員講師(歯科口腔外科学)
・濱州医学院(中国)客員教授
・国立大学法人大阪大学先導的学際研究機構招へい研究員

詳しく


一般歯科/口腔外科

貝淵 信之

・東京女子医科大学医学部歯科口腔外科学講座
(兼)先端生命医科学研究所 助教

詳しく