「痛くない」治療

痛くない麻酔徹底した痛くない麻酔と痛くない治療

口の中はとても敏感で、髪の毛が1本当たっただけでもチクっと痛みを感じます。麻酔時での痛みを感じるのは、歯ぐきに針を刺す時と麻酔薬を注入している時です。
当院では、麻酔時に痛みを感じないように、次のような工夫をしています。

細い針を使う

麻酔の針にはいくつか種類があります。現在、歯科の麻酔で使われている針で最も細いものは、33ゲージという太さで、わずか0.2ミリしかありません。当院では、この最も小さい針を使うことで、痛みをなくしています。

注射の前に表面麻酔を

歯ぐきの表面に麻酔をして、針を刺す時の痛みを感じなくします。痛みを感じやすい方やお子さんの場合は、表面麻酔をしてから治療を始めます。

注射のスピードをゆっくり一定に保つ

注射のスピードが早かったり、一気に麻酔薬を注入したりすると、その圧力で痛みを感じます。当院では、痛みを軽減させるために一定のスピードでゆっくりと麻酔薬を注入していきます。専用の機械を使い、麻酔をする時もあります。

麻酔の種類

麻酔の種類はいくつかあり、状況に応じて使い分けをします。 当院で使用しているものは以下のものがあります。

局所麻酔

歯科医院の治療で一般的に使用される麻酔です。むし歯の治療などで歯の神経を麻痺させて痛みのない治療を目指します。実はこれにもいくつかの種類があります。

● 表面麻酔 
局所麻酔の一つです。歯ぐきの表面に塗ると塗った部分が若干麻痺した感覚になります。その後、浸潤麻酔の針をさすときに「チクッ」という痛みを軽減することができます。昔は直接、浸潤麻酔を行うことが当たり前でしたが、今では多くの歯科医院が表面麻酔を使用しています。

● 浸潤(しんじゅん)麻酔 
局所麻酔の一つです。歯科で使用される一般的な麻酔で、痛みをなくしたい部分の歯肉に細い針を刺して麻酔薬を注入していきます。技術の進歩で針も細くなり、表面麻酔を行わなくても以前より痛みを少なくできるようになっています。 表面麻酔から浸潤麻酔を使用するのが一般的な局所麻酔の仕方です。

● 伝達麻酔 
局所麻酔の一つです。主に麻酔薬が効きにくい下あごの奥歯の治療の際に使用します。親知らずの抜歯の際にも使用します。お口の内からあごの関節部分に麻酔を注射することで下あごの奥歯と脳をつなぐ神経部分に麻酔の効果が得られます。広範囲に長時間麻酔の効果が得られますので、治療中だけではなく治療後もあまり痛みが気にならなくなります。

精神鎮静法

全身麻酔と異なり意識をなくしたり、痛みを除去する麻酔法ではありません。歯科治療への恐怖心や不安などを和らげてリラックスした状態で歯科治療を受けられるようにする方法です。歯科医院で無痛をうたっているところでは、局所麻酔だけではなく精神鎮静法を導入していることが多いと思います。

● 吸入鎮静法 
吸入鎮静法は、 笑気ガスを吸入することで頭をボーっとリラックスした状態にすることができ、その間に治療を終わらせます。鎮静を目的とする麻酔法の中では一番簡単的な部類に入り、歯科の手術に限らず、歯科恐怖症の方のために、一般的な治療の際にも使用することがあります。

● 静脈内鎮静法  
吸入鎮静法と比べると腕の静脈に麻酔薬を点滴することで鎮静度は深くなり、眠ったような状態になりますが会話はできます。場合によっては眠らせることもできます。手術室を使った、インプラントなどの外科手術の際に、血圧、心拍数などをモニターしながら麻酔科医が担当して行うものです。