味覚障害・ドライマウス治療

味覚の伝導のメカニズム

味覚は口で受け取り、脳が感じる感覚です。

1.口で味を受け取る
味覚受容器が口の中にあります。

2.神経から伝わる
味覚神経によって味の情報が脳へ伝わります。

3.脳で味を感じる
味、におい、見た目などの情報が脳に集まり「味」として認識されます。

様々な器官が正常に機能し、味覚を感じることができます。正常に機能していない場合、以下のような症状が起こりえます。

味覚障害とは

食べ物の味がしない、いつも変な味(苦い味、酸っぱい味等)がする、家族に味付けがおかしいと言われる、食事がまずい(うま味が感じない)などの症状はありませんか?このような場合には、味覚障害の可能性があります。 味を感じるしくみは、味の刺激が舌にある味細胞、味覚神経、脳へと伝達することにあります。

味覚障害の主な症状

味覚減退

味が薄く感じる

味覚消失

全く味がしない

自発性異常味覚

口の中に何もないのに常に味がする

味覚錯誤

本来の味質を異なる味として感じる(例:甘味が苦く感じる)

解離性味覚障害

特定の味(甘味など)だけが判らない

ドライマウス(口腔乾燥症)とは

ドライマウス(口腔乾燥症)は、主に唾液分泌量の低下によって生じます。ドライマウスは口の渇きのみならず、粘膜の痛みや炎症、味覚障害、口臭、虫歯や歯周病を引き起こしますので、早めに治療を受けることをお勧めします。
東北大学の笹野高嗣教授は、長年の研究にもとづき、新たな方法を用いてドライマウスの診断と治療を行っています。最新の研究成果の一部はテレビや新聞などで広く紹介されています。当院では笹野教授の指導の下に味覚障害およびドライマウスの治療を行います。

専門医が診断します

味覚・ドライマウス外来

笹野高嗣 東北大学名誉教授

平成10年に東北大学歯学部口腔診断学教授。
東北大学歯学部附属病院長、東北大学歯学部長、東北大学大学院歯学研究科長、日本口腔診断学会理事長などを歴任。

長年の研究に基づいた治療技術はテレビや新聞などに数多く報道されている。

詳しく


治療の流れ、治療費・治療期間について

味覚障害やドライマウスは必ずしも口腔内の原因だけで発生するとは限りません。例えば貧血や糖尿病といった病気が原因となることもございます。当院では同建物内にある 8F 医療法人徳真会 クオーツメディカルクリニックと連携することにより、歯科と医科が連携して治療を行うことができる環境を整えております。
ご来院いただきましたら問診や検査を行い、原因を特定した上で、患者さまにご説明させていただきます。原因を特定し、患者さまの症状に適した治療に入らせていただきます。

検査例

  • 味覚検査
  • 口腔内検査
  • 唾液分泌量検査
  • 血液検査
  • 病理検査・その他
  •  

    検査・診断は、まず、テイストディスクや電気味覚計による味覚検査を行い、味覚障害の状態を調べます。次に、その原因を調べる検査を行います。治療は、それぞれの原因に対する適切な治療方法を選択いたします。全身疾患が原因の場合には、徳真会クオーツタワー内の内科等の関連する科と密接な連携のもとに治療を行います。

    治療費について

    カウンセリング・治療

    ¥20,000(1時間)

    検査料

    ¥30,000

    再診料

    ¥5,000(30分)

    ※価格は全て税抜き
    ※その他に処方箋料、薬代(実費)がかかります。

    治療は月に1回程度通院していただき、日常生活における改善や、処方したお薬を飲んでいただきご自宅にて療養していただきます。
    患者さまによって違いはありますが、通院開始より3~4か月程度で改善される患者さまが多くなっております。
    ※個人差がありますので、完治までお時間かかる場合もございます。

    実際の治療例(3ヶ月間、通院4回の患者さまの場合)

    治療例