MENU CLOSE
2017.11.16

中井丈生の「おとなの矯正治療」

矯正治療に興味があっても、装置の見た目や治療に伴う痛みに抵抗があり、なかなか治療に踏み切れなかったという方も多いのではないでしょうか?そこで今回は、そんなお悩みをお持ちの大人向けの矯正治療についてご紹介いたします。歯と歯ぐきが健康の方であれば、70歳台の方でも矯正治療が可能です。

セルフライゲーションブラケットを使用した「裏側(舌側)矯正装置」


審美性に優れた「裏側(舌側)矯正」と、痛みの少ない「セルフライゲーションブラケット」を組み合わせたハイブリッドな矯正治療方法です。

特徴1:目立たない

もっとも一般的な矯正治療は「唇側(表側)矯正」と呼ばれ、笑った時に矯正器具が見えてしまうことから、審美面で懸念される方が多くいました。しかし、「裏側(舌側)矯正」は、矯正器具を歯の裏側につけるため、非常に目立ちにくいです。

特徴2:痛みが少なく、早く歯が動く

従来の矯正治療では、結紮線やゴムを使ってワイヤーを強固に固定するため、歯の移動に際し摩擦が生じます。この強い摩擦によって、歯に痛みが生じていましたが「セルフライゲーション」と呼ばれる方法ではワイヤーを完全に固定しないため、歯にかかる力がごくわずかで、痛みが少ないとされます。さらに近年の研究によって、身体に優しい力で歯を動かすことで、早く歯が動くことも証明されています。

特徴3:仕上がりがきれいで、治療期間が短く済む場合がある

歯の裏側からの治療方法では、従来の治療方法よりも仕上がりが悪く、治療期間が大幅に伸びると思われがちですが、決してそんなことはありません。仕上がりや治療期間は基本的に大きな差はなく、歯並びの状態や骨格の違いによりますが、裏側矯正の方が早い場合もあります。

ブラケットの仕組みについて

従来式ブラケット

結紮線やゴムを使い、ワイヤーを強固に固定するため、歯の移動に際し摩擦が生じます。歯を動かす効率が悪いことに加え、強い力をかけて歯を動かす必要があるため痛みが生じやすい傾向があります。

セルフライゲーションブラケット

ワイヤーを完全には固定せず「ゆるみ」がある状態で維持します。摩擦がないため、弱い力で痛みも少なく、歯が早く動きます。

その他のおすすめ矯正治療

Harmony Lingual System

セルフライゲーションブラケットです。最新のCAD/CAM技術とロボット工学を融合し患者さまに最適にカスタマイズできます。細部にわたりデザインできる画期的で世界唯一の最新のシステムです。CAD/CAM技術とは歯の模型を精密に3Dスキャンし、コンピューターを用いて装置のデザイン・製作を行なう技術です。(難易度が高い方が使用します。追加料金はかかりません。)

目立たない表側矯正装置InVu

InVuは表側矯正において、最も審美的な(目立たない)装置です。日本人の歯にマッチするブラケットの色合いは、「歯になじむ」「歯と同化する」「歯に溶けこむ」と患者さまに高い支持をいただいています。但しInVuは、従来の矯正装置と同じくワイヤーと強く結び付ける結紮線やゴムを必要とします。

記事を執筆した人


中井 丈生
歯学博士/日本矯正歯科学会 会員/日本舌側矯正歯科学会 会員/Harmony Lingnal 認定Dr/Invisalign 認定Dr/Digital orthodontics study club 会員

中井丈生のページはこちら

クオーツデンタルクリニック 7F

この記事でご紹介した治療は、クオーツデンタルクリニックで受けることができます。お気軽にご相談ください。

この治療をご検討の方はこちらから

交通・アクセス〒150-0002東京都渋谷区渋谷2丁目10-10
徳真会クオーツタワー


9-12F クオーツギャラリー/ 
8F クオーツメディカルクリニック/
7F クオーツデンタルクリニック/ 
4-5F 青山クオーツデンタルクリニック/
3F クオーツホワイトデンタルクリニック/ 
3F クオーツビューティーネイル/ 
3F 整体院 癒庵堂